個人再生で住宅ローンを除外【減額による分割返済を認めてもらう】

サイトメニュー

マイホームを手放さず解決

男性と女性

マイホームを手放すことなく住宅ローンの返済問題を解決できるのが、住宅資金特別条項を定める個人再生です。他のローンの返済額が軽減されるため、余裕を持って住宅ローンを返済できます。期限が定められているため、早期に弁護士に相談しましょう。

詳しく見る

複数社の借金返済が困難

お金

複数借金を抱えており、元金がなかなか減らない場合は個人再生をすることによって、借金減額と将来し録画カットされます。ただし、個人再生は住宅ローンは減額することができないので、それを除いた借金になります。

詳しく見る

手続きと進め方

説明

住宅ローンの返済に行き詰り、返済ができなくなってしまった場合、最終手段としてあるのが個人再生である。個人再生では、債務減額をしてもらう方法である。手続きには裁判所への申請などが必要であり、弁護士に依頼して進めることが有効である。

詳しく見る

手続きは複雑弁護士に依頼

電卓

個人再生は、住宅ローンを除いた借金額が5000万円以下であることが利用条件です。住宅ローンを減額することはできませんが、その分他の借金負担が大幅に減額されることになりますので、住宅ローンの支払いも楽になります。

詳しく見る

家を守りながら借金を減額

貯金箱

クレジットカードのキャッシングなどの返済負担を大幅に抑えられるのが、債務整理の1つである個人再生です。同じく債務整理の自己破産や任意整理とは異なり、住宅ローン特例が設けられているのが特徴です。マイホームを失う恐れがなく、現在の生活はしっかりと守れます。

詳しく見る

住宅を守りたいなら

積み木

借金問題解決とマイホーム

借金の返済に困り、生活が難しくなって借金問題を解決したいと考えた時、債務整理の手続きをするのも1つの方法です。もっとも、借金の中に住宅ローンも含まれているケースはもちろん、完済している場合であっても、全ての借金の返済を免除される自己破産の場合、マイホームは競売にかけられ生活の拠点を失うことになります。借金問題は解決したいけれど、マイホームは手放したくないという方におすすめなのは個人再生という債務整理手続きです。住宅ローンを除外する特則をつけることができ、この場合、住宅ローンについてはこれまで通り全額の返済が必要ですが、それ以外の借金については裁判所の判断のもとで減額による分割返済を認めてもらうことができます。個人再生を行うには裁判所にて手続きが必要で、必要書類の作成や裁判手続き、事前の債権者との話し合いなどが必要になるため、法律の専門家であり、交渉の専門家でもある弁護士に相談するのがおすすめです。相談することで、ご自身が個人再生をする条件を満たしているかなども確認ができます。個人再生には個人商店主や自営業者などの小規模個人再生手続と、給与所得者等再生手続があり、いずれの場合も将来にわたり継続的で安定的な収入が得られることが最低条件となります。これは住宅ローンはこれまで通り返済が必要になるだけでなく、それ以外の借金も免除されるのではなく、一定額に減額されたものを3年から5年程度で返済が必要になるためです。