個人再生で住宅ローンを除外【減額による分割返済を認めてもらう】

サイトメニュー

複数社の借金返済が困難

お金

住宅は残せる

複数の金融機関から借金をしていると、もし毎月の収入の半分近くが返済に充てられているとしたら、自力で完済することは困難になってきます。返済以外にも生活費等かかるわけですし、利息しか払えないとなると元金がいつまでたっても減っていかないです。借金返済のための有効な手段は、おまとめローンや借り換えローン等があります。ただし、審査もありますので必ず利用できるとは限らないです。それよりも有効なのは債務整理です。しかし、債務整理と聞いてイメージするのは自宅の中の家具や家電が差し押さえられたり、家を競売にかけて出ていかなければならないというものです。確かに、自己破産の手続きをすると住宅ローンを返済中であるにも関わらず、住宅を手放さなければならないですが、個人再生の債務整理であれば、住宅は維持したまま債務整理をすることができます。個人再生であれば借金の理由は問われませんので、ギャンブルやブランド品の購入で浪費したとしても手続きは可能です。債務の金額が減額されるので、現実的な返済計画が可能で将来利息も無くなり分割で返済が可能です。ただし、減額されるのは住宅ローンを除いた債権になります。個人再生では、住宅ローンを減額することができないので、住宅ローンの返済が難しい場合は、そのローン会社に返済期間延長などリスケの交渉をしてみることです。個人再生をすることによって、これ以上利息が増えることはありませんので、生活を再建しやすくなります。