個人再生で住宅ローンを除外【減額による分割返済を認めてもらう】

サイトメニュー

マイホームを手放さず解決

男性と女性

代位弁済前の相談が理想

ボーナス払いでローンを組む方が多いのが、住宅ローンです。そのため、ボーナスが大幅にカットされると、住宅ローンの支払いが苦しくなります。また、その他のローンがある場合には、毎月の返済額が多くなってしまいます。住宅ローンの支払いに困っている、既に滞納しており督促状が届いている場合には、早期に弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することで、住宅資金特別条項を定めた個人再生手続きが可能です。一般的な個人再生の場合には、もし自己破産を選ぶとマイホームを手放す必要があります。それに対し、住宅資金特別条項を定めた個人再生は、マイホームを手放す必要がありません。住宅ローン以外のローンの毎月返済額を減額できるため、ローンの支払いが大きく改善されます。ただし、住宅資金特別条項を利用するには、保証会社による代位弁済から6ヶ月以内である必要があります。弁護士への相談が遅れてしまうと、せっかく利用できる特則を利用できません。1日も早く相談することで、住宅ローンの返済問題を解決できます。弁護士の報酬費用は、30万円から40万円が相場です。分割の支払いに応じている事務所が多く、一括で支払う必要がないのは嬉しいポイントです。また、家計の状況に応じて、柔軟に対応してくれます。費用の心配は脇に置いておき、まずは気軽に相談しましょう。どの弁護士に相談すべきか分からない場合には、弁護士会に相談することで個人再生を得意とする事務所を紹介してもらえます。