個人再生で住宅ローンを除外【減額による分割返済を認めてもらう】

サイトメニュー

家を守りながら借金を減額

貯金箱

滞納しているなら早期相談

当初の予定が大きく狂うことで、苦しくなるのが借金返済。住宅ローンに教育ローン、自動車ローン、クレジットカードのキャッシングなど、毎月の返済に悩まれている方もいらっしゃるでしょう。その返済負担を大幅に抑えるために、個人再生を選択されてはいかがでしょうか。個人再生は、債務整理の1つです。債務整理には自己破産がありますが、借金全額が免除される代わりにマイホームを失ってしまいます。また、任意整理でも返済負担は抑えられますが、マイホームに設定されている抵当権を実行されてしまう恐れがあります。抵当権が実行されると競売手続きが開始され、こちらもマイホームを失う可能性があります。それに対し個人再生では、マイホームを失う恐れがありません。個人再生には住宅ローン特例が設けられており、住宅ローン以外の借金が大幅に免除されます。住宅ローンの返済負担は変わりませんが、他の借金の返済が楽になるのは魅力的です。住宅ローン特例を利用するには、税金滞納による差押登記がされていないことが重要です。また、住宅ローン返済を滞納している場合には、保証会社の代位弁済より6ヶ月以内である必要があります。滞納を続けていると利用できなくなるため、早期に専門家に相談しましょう。個人再生に対応している専門家は、弁護士または司法書士です。まずは気軽に専門家に相談し、借金の悩みを解決しましょう。法テラスを利用すれば、状況に最適な専門家を紹介してくれます。