個人再生で住宅ローンを除外【減額による分割返済を認めてもらう】

サイトメニュー

手続きと進め方

説明

弁護士活用について

住宅を購入する際、多くの人では住宅ローンを組むことで購入している。住宅ローンでは、長期に渡る借金であり、返済期間が長くなることが特徴としてある。住宅ローンの借入を行う場合には、返済計画を立てそれに沿って返済を進めることになる。住宅ローンの返済計画では、借入時の収入が続くことが前提として計画することが通常である。しかし、人によっては失業により収入が想定を大幅に下回ったりするケースもある。これらの状態に陥ると、返済計画が行き詰まり返済できなくなってしまう。住宅ローンの返済に行き詰った場合には、まずは住宅を売却して資金を回収する。しかし、売却しても住宅ローンの返済を仕切ることができず行き詰ることがある。この際に最終的な手段としてあるのが、個人再生の手続きである。個人再生では、裁判所への申し出を行うことなどにより債務を減額してもらう方法である。返済する資金が無い場合や、立ち行かなくなった場合、裁判所へ申請し認められることで債務を減らしてもらうことができる。これらの個人再生の手続きを行う際には、個人で行うことが難しく弁護士に依頼して手続きを進めることが通常である。個人再生の手続きでは専門的な知識が必要であったり、手続きの経験が必要になることも多い。弁護士では、こららの手続きについて精通しており、スムーズに手続きを進めてもらうことができる。また、申請を通すための方法についても理解しているため、弁護士活用が有効となる。